MySQL、サブスクリプションサービス「MySQL Enterprise Server」を発表

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2006年10月19日 13時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 データベース企業MySQLは米国時間10月17日、開発者にも法人顧客にも魅力的なものとなることを狙い、新しいサービスを発表した。

 同社が披露したのは「MySQL Enterprise Server」と呼ばれるサブスクリプションサービス。このサービスには、通常のアップデートとサポートに加えて、新たにデータベース監視サービスが含まれる。

 同社はさらに、「MySQL Community Server」もリリースした。これは特に、最新のアップデートを入手し、データベースコードに対する修正に貢献したいというオープンソース開発者を視野に入れてたものである。

 同社はこれまで、無償版と、サポートサービスを含んだ商用ライセンス付きの有償版で同じデータベースを提供してきた。

 また同社は、個人開発者と企業顧客の双方に対してよりよいサービスを提供するために、2種類のエディションを用意するとともに、オープンソース開発者向けのウェブサイトとして「MySQL Forge」を立ち上げることにした。

 同社のコミュニティ担当バイスプレジデントKaj Arno氏は、今回の変更を説明するブログ投稿の中で、「今回エディションを分けた目的は、MySQLの2種類のユーザー、つまりお金を節約するためであれば時間を割いてもよいというユーザーと、時間を節約するためにはお金をかけてもよいというユーザーの双方に対してよりよいサービスを提供することにある」と書いている。

 今回の変更は、オープンソース開発者が開発者同士で情報を共有しやすくするとともに、同社に雇用されているMySQLの主要開発者と意思疎通を図りやすくするためのものである。

 MySQL Enterpriseで提供されるデータベースは従来のものと同じであるが、技術サポート契約が含まれている。そして、同社は今回のリリースに伴い、データベース管理者が行う多くのタスクを自動化するための「Monitoring and Advisory Service」を導入する。

 RedMonkのアナリストStephen O'Grady氏はブログへの投稿において、異なるデータベースエディションを導入することによって、MySQLは保守的な企業顧客だけではなく、製品の採用に影響を与えるオープンソース開発者にもよりよいサービスを提供できるようになると書いている。

 「MySQL Communityによって、MySQLの(ライセンス)制限が一部緩和され、無償版に対する外部からの貢献がより受け入れられるようになるだろう」(O'Grady氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!