オラクル、シーベルおよびピープルソフトのツールを「On Demand」ブランドに統合

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2006年10月20日 13時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Oracleが買収によって取得した2種類の技術を「On Demand」ブランドに組み入れ、再発表した。米国時間10月19日に同社が発表したのは、「PeopleSoft Enterprise On Demand」と「Oracle On Demand for Siebel CRM」で、それぞれPeopleSoftおよびSiebel Systemsを買収した際に入手したサービスが中核となっている。PeopleSoftベースのサービスは、人事、財務、調達、販促、販売に関するツールを含んでいる。一方、SiebelのCRMツールには、さまざまな業種で使える注文管理や分析機能が搭載されている。

 ビジネスアプリケーションを提供するOracleは、自社のソフトウェアをホスティングサービスとして利用できるようにする取り組みを進めているが、今回の再リリースもその一環となっている。2006年初頭にはSAPがCRMのオンデマンドサービスを発表しており、Microsoftも同様のサービスを2007年から独自に提供する予定を立てている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?