Opera 9.0および9.01に脆弱性--9.02へのアップデートを

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2006年10月20日 19時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Opera Softwareは、WindowsとLinux向けの「Opera」のバージョン9.0および9.01に脆弱性が見つかったことを明らかにし、9.02へのアップグレードを呼びかけた。9.02では、Opera 9の従来のバージョンに存在していた脆弱性が修正されている。これは、ブラウザが極端に長いURLを処理するとヒープオーバーフローが発生し、ユーザーのシステムがクラッシュしてしまうというもの。

 VeriSign傘下のiDefense Labsが掲載しているセキュリティ勧告によると、攻撃者は、同脆弱性を悪用して、ユーザーのコンピュータを支配し、任意のコードを実行することが可能であったという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!