日本オラクルとライトワークス、内部統制Eラーニングシステムを共同提供

ニューズフロント 2006年10月19日 23時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは10月19日、社員研修向けの内部統制Eラーニングシステムをライトワークスと共同提供すると発表した。税別価格は750万円(1000ユーザー、1年間5コンテンツ)となる。

 先ごろ成立した金融商品取引法(日本版SOX法)によって、企業には内部統制システムの構築が求められている。これに対応するため、日本オラクルとライトワークスは、業務アプリケーション製品群「Oracle Applications」の教育管理システム「Oracle Leaning Management」および「PeopleSoft Enterpriseラーニングマネジメント」の2製品に、ライトワークスの内部統制教育を中心としたEラーニングコンテンツを搭載して提供する。

 このシステムを利用すると、ユーザー企業の社員はEラーニング形式でコンプライアンスや内部統制で必要とされる知識などを習得できるという。また、両製品の学習管理機能を使うことで、社員の受講状況、知識レベル、受講者の学習進捗度を把握し、効率的かつ適切な社員教育の実施と内部統制監査が実現するという。

 教育コンテンツは全部で22種類あり、必要に応じて自由に選択できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!