CSP、独自認証局を使い、セキュリティを高めた証明書サービスを開始

WebBCN (BCN) 2006年10月24日 09時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セントラル警備保障(CSP、白川保友社長)は10月23日、電子証明書の独自認証局の運用を10月25日から開始すると発表した。

 電子証明書事業は、同社の子会社CSPフロンティア研究所(新井一典社長)が行う。これまでCSPでは、海外の認証局が発行する証明書の販売を行ってきたが、英国コモドから認定を受けたことを契機として、独自の認証局を開始する。

 独自認証局の運用に合わせ、ルート証明書は「UTN/AddTrust」、公開鍵の鍵長は従来の1024ビットから2048ビットに変更する。また、署名アルゴリズムは従来のMD5からSHA1に移行し、証明書の安全性を高める。CSPの認証を受けたユーザーは、その証明として「CSPセキュリティシール」を表示し、サイト閲覧者に安全性を示すことができる。

 CSPでは、ウェブサーバーの安全性を毎日調べ、セキュリティホールがないかをチェックし、その結果をサイト管理者に知らせするサービスや1枚の証明書で複数のドメインに対応する証明書サービス、複数のサイトを持つ大口顧客向けのサービス、複数年契約の割引サービスなども提供していく考え。

セントラル警備保障=http://www.we-are-csp.co.jp/
CSPフロンティア研究所=http://www.csp-frontier.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?