ヴイエムウェア、VMware Infrastructure 3日本語版を提供開始--64ビットをフルサポート

CNET Japan Staff 2006年10月25日 19時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヴイエムウェアは10月24日、「VMware Infrastructure 3日本語版」の提供を開始すると発表した。同製品は「VMware ESX Server 3.0.1」と「VMware VirtualCenter 2.0.1」が中心となっており、64ビットOSをフルサポートする。

 VMware Infrastructure 3は、仮想化から管理、リソースの最適化、アプリケーション可用性、運用自動化までを包括的に提供するスイート製品。VMware ESX ServerとVirtualCenterのほかに、VMotionテクノロジをベースとして、分散型ファイルシステム「VMware VMFS」、分散型リソーススケジューラ「Distributed Resource Scheduler(DRS)」「VMware High Availability(VMware HA)」、そして「VMware Consolidated Backup(VCB)」の4つの新製品から構成される。

 今回のアップデートで、Windows、Red Hat、SUSE、Sun Solarisの64ビットOSをサポートし、64ビットアプリケーションの仮想化が可能になる。またハードウェアサポートも拡充している。

 インフラ規模により、「VMware Infrastructureスタータ」「VMware Infrastructure」「VMware Infrastructureエンタープライズ」の3つのパッケージラインで販売される。価格はそれぞれ、2プロセッサあたり16万円、60万円、92万円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!