日本ユニシスとインフォマティカ、データ統合ソフトの販売で協業

ニューズフロント 2006年10月25日 22時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ユニシスとインフォマティカ・ジャパンは10月25日、データ統合ソフトの販売についてパートナー契約を締結すると発表した。インフォマティカが提供するデータ統合ソフト「PowerCenter」を利用したシステムを開発し、日本ユニシスが販売する。

 PowerCenterは、テーブル定義やビジネスロジックをメタデータとして一元管理する。マルチスレッドによる大量データの高速処理や、GUIによるノンプログラミング環境でのデータソースの定義、抽出、加工などが特徴。部分最適なシステム構築の繰り返しで複雑化、散在したデータを統合する、といった用途に向ける。

 日本ユニシスはすでに、PowerCenterを利用して通販大手セシールの電子商取引(EC)サイト向け商品情報統合データベースを構築しており、今回はその実績をもとに協業を行う。

 日本ユニシスのシステム構築のノウハウと営業力、インフォマティカのデータ統合分野でのノウハウを組み合わせるという。日本ユニシスは3年間で20ライセンスの販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから