日本BEAが「BEA AquaLogic Data Services Platform 2.5J」を出荷--企業データの仮想的な統一ビューを実現

CNET Japan Staff 2006年10月25日 23時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本BEAシステムズは10月25日、「BEA AquaLogic Data Services Platform 2.5J」の出荷を開始したことを発表した。この製品は、BEAのサービスインフラストラクチャ製品群であるAquaLogicファミリー製品のひとつ。ロケーションやフォーマット形式に関わらず、さまざまな企業データに仮想的な統一のビューを提供する。

 BEA AquaLogic Data Services Platform 2.5の特長は、エンタープライズサービスバス(ESB)とネイティブに統合されたこと。BEA AquaLogic Service BusからBEA AquaLogic Data Services Platform 2.5Jが提供するデータサービスに直接アクセスするためのカスタムトランスポートパスを提供。高いパフォーマンス、セキュリティに加え、データ管理およびサービス管理機能を搭載する。

 また、ネイティブSQLインターフェイスの追加により、ビジネス・インテリジェンス(BI)レポートツールからBEA AquaLogic Data Services Platform 2.5Jのデータサービスを利用することが可能。XQueryとSQLの双方の言語に最適化されており、より広範なBIユースケース群をカバーする。

 さらに、Microsoft Excelのユーザーは、Excelアドインを利用して、複数の異種データソースにアクセスすることが可能。IT部門に過度に依存する従来型のデータ統合プロジェクトにない、時間とコストを削減し、ユーザー部門の生産性を向上できる。

 価格は、1CPUあたり758万円(税別)。同製品の無料評価版は、BEAのウェブサイトからダウンロードできる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR