日刊スポーツが制作システムを刷新

藤本京子(編集部) 2006年10月26日 17時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロココは10月26日、日刊スポーツ新聞社および大阪日刊スポーツ新聞社が、ロココの自動組版ソフトウェア「METAWORKS」を採用し、日刊スポーツグループが発行するスポーツ紙の表・素材制作システムを刷新したと発表した。

 METAWORKSは、商品カタログや情報誌、新聞などの出版制作をサポートする自動組版ソフトウェア。Adobe Systemsの「Adobe InDesign CS2」上で動作する。

 従来、新聞組版システムで表や素材を制作するには、組版メーカーによって異なる操作を習得する必要があり、表の体裁を大幅に変更する際には専用のスクリプトで記述し直さなければならないなど高度な技術者が必要だった。METAWORKSは、Adobe InDesign CS2のテンプレートを差し替えるだけで紙面制作が可能なほか、表や素材制作を複数のサーバで同時処理できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?