インターウォーブン、ウエブCMSの最新版「TeamSite6.7.1」の販売を開始

CNET Japan Staff 2006年10月31日 22時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターウォーブン・ジャパンは10月31日、コンテンツ管理システム(CMS)製品の新バージョン「TeamSite 6.7.1」の出荷を、2006年11月1日より開始することを発表した。

 TeamSite 6.7.1は、多様化するユーザーのビジネスニーズに合わせて、サポートする範囲を拡張し、機能強化とパフォーマンスの向上を実現したTeamSiteの新バージョン。今後、サービスパックを提供しさらに機能の強化を予定している。

 新しい機能としては、Red Hat Linux AS/ES4.0およびSolaris10を新たにサポート。また、IEに加えFirefoxブラウザをサポートしたほか、ユーザー環境に合わせたきめ細かな権限(ロール)の設定が可能になっている。

 同製品は、すでに90社以上の日本企業が採用。その1社である楽天グループは、電子ショッピングモールなどウェブサイト管理のインフラに導入し、1日あたり数百件に及ぶ更新作業に不可欠のシステムとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?