東芝ソリューション、シンクライアントシステム「FlexClient」を販売開始

CNET Japan Staff 2006年10月31日 22時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝ソリューションは10月30日、シンクライアントシステム「FlexClient」の販売を11月15日から開始すると発表した。

 FlexClientは、LAN環境ではPCがシンクライアントとして機能し、オフィス外のモバイル環境では常時ネットワーク接続を必要としないセキュアなPCとして機能する。

 具体的には、オフィス内のLAN環境では、PCの実行環境やデータをストレージシステムで一元管理し、PCのローカルディスクにデータを持たないシンクライアントとして機能する。一方、モバイル環境では、あらかじめ許可されたデータのみを暗号化して保存しておく仕組みにより、常時ネットワーク接続を必要としないセキュアなPCとして機能させる。

 FlexClientは、同社が認定した機種に限定されるという。基本条件としては、PXEブートをサポートするBIOS、LANの速度が100Mbps以上、実効メモリ512Mバイト以上(768Mバイト以上を推奨)、内蔵HDD1台構成、容量30Gバイト以上となっている。

 また、同社では諸条件により運用できない機種があるとし、OSを介さずPCのローカルディスクを直接利用するアプリケーションなど、一部動作しないアプリケーションがあるとしている。

 FlexClientソフトウェアライセンス、iSCSIストレージシステム、管理サーバを含む基本セットの税別価格は、20クライアントセットが566万円から、50クライアントセットが915万円から、100クライアントセットが1508万円から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?