クララオンライン、Windows仮想専用サーバホスティングサービスを開始--Virtuozzoを採用

CNET Japan Staff 2006年10月31日 23時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仮想専用サーバ(Virtual Private Server:VPS)ホスティングサービスのクララオンラインは10月30日、米SWsoftのOS仮想化ソフト「Virtuozzo」と「Plesk」コントロールパネルを採用したWindowsVPSサービスを11月下旬から提供すると発表した。

 クララオンラインは、2003年からVirtuozzoを利用したLinuxベースのVPSホスティングサービスの提供を開始していた。今回のWindows Server 2003ベースのVPSサービスでも「Virtuozzo for Windows」を採用し、1台の物理サーバ上で仮想的に複数のサーバが稼動するサーバ仮想化技術を用いたホスティングサービスを提供する。

 クララオンラインは、Windows VPSサービスの開始にあわせ、サーバを仮想化しながらメモリやCPUの性能保証を提供するFPSサービスについても、Windowsベースのメニューを投入する。価格は以下の通り。

  • Windows VPSサービス Conpana(コンパナ)
    初期料金:9800円 月額料金:9800円
  • Windows FPSサービス Legato(レガート)
    初期料金:1万9800円 月額料金:1万9800円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!