独自ドメインでグーグルツールを自由に組み合わせる企業向けサービス

岩本有平(編集部) 2006年11月01日 17時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グーグルは11月1日、企業や団体向けにカスタマイズした電子メールやカレンダー、チャットなどをSaaS(Software as a Service)で提供する「Google Apps for Your Domain」の日本語ベータ版である「Googleアプリ 独自ドメイン向け」を発表した。

 このサービスではウェブメールサービスの「Gmail」やインスタントメッセンジャーの「Google トーク」、オンラインカレンダーの「Google カレンダー」、さらにウェブページ作成ツールの「Google Page Creator」を独自のドメインで利用できる。なお、Google Page Creatorは日本語の利用ができるものの、インターフェースはアメリカ英語での表示となる。

 利用申請し、グーグルから承認を受ければ利用できる。ただし、利用するドメインは事前に取得する必要がある。現在、ユーザーごとに最大2ギガバイトまでのメールを保存できるほか、メールによるサポート、オンラインのヘルプセンターを利用できる「スタンダード版」のみを無償で提供している。

 グーグルではより多くのニーズに応えられるサービスとして、数カ月以内に「プレミアム版」を提供する予定だ。プレミアム版は有償となる予定だが、機能や価格の詳細は未定となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから