マイクロソフト、「Windows Embedded CE 6.0」をリリース

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2006年11月02日 12時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間11月1日、「Windows Embedded CE 6.0」をリリースした。同製品は携帯電話や家電製品といった機器向けの組み込み用OS。新バージョンは、携帯電話網を使った音声とデータの通信をサポートする。同社では、このような機能はパーキングメーター、自動販売機、GPS端末などに組み込むと有用だと考えている。また、新バージョンはネットワークに対応したビデオプロジェクタやIPセットトップボックスでの利用にも適しているという。

 「Visual Studio 2005 Professional」のプラグインとして利用できる、組み込みソフトウェア用開発環境「Platform Builder」も用意されている。また、カーネルには「Microsoft Shared Source」ライセンスが完全に適用される。同社によると、これまではカーネルの44%に相当する部分にしか、同ライセンスが適用されていなかったという。同ライセンスの下では、デバイスメーカーはコードの修正部分をMicrosoftに開示する必要がない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?