IPA、ITスキル標準V2の改訂版を公表--オペレーション職種を見直し

CNET Japan Staff 2006年11月02日 02時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は10月31日、ITスキル標準V2の改訂版となる「ITスキル標準V2 2006」を公表したことを発表した。今回の改訂では、オペレーション職種について、システム運用全般を担う職種として内容を充実する観点から見直しが図られた。

 名称を「オペレーション職種」から「ITサービスマネジメント職種」に変更。その役割を、「システム運用関連技術を活用し、サービスレベルの設計を行い、顧客と合意されたサービスレベルアグリーメント(SLA)に基づき、システム運用リスク管理の側面からシステム全体の安定稼動に責任を持つ」と定めた。

 ITサービスマネジメント職種の専門分野は「運用管理」「システム管理」「オペレーション」「サービスデスク」の4つに分類される。

 改訂版は、IPAのウェブサイトで公表されている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?