Plala、「Winny」を遮断する企業向けサービスを開始

CNET Japan Staff 2006年11月02日 03時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ぷららネットワークス(Plala)は10月31日、企業の社員個人が契約するぷららBフレッツ対応接続サービスにおいて、ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」による通信を遮断するサービス「ネットワークパートナーシップ」の提供を同日から開始すると発表した。

 同サービスを利用すると、社員の家庭のPCなどからWinnyによる通信を介して企業情報が漏えいするリスクを回避できる。

 企業は、Plalaと「ネットワークパートナーシップ契約」を結ぶことで、その企業に属し、かつWinnyによる通信の遮断に同意して利用登録を行った社員(パートナーシップメンバー)に向けてWinny遮断サービスが提供される。

 社員へのインセンティブとして、企業が社員向けに割引を設定することもできる。割引率は契約企業が0〜100%の間で設定でき、割引相当額をパートナーシップ料金として負担する。対象となる個人向けBフレッツ対応接続サービスは、「ぷらら光パック with フレッツ」。

 1000人未満の企業の場合、サービス価格は月額4万円(税別)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!