日本BEAシステムズが営業体制を強化--新社長に廣川裕司氏が就任

CNET Japan Staff 2006年11月03日 12時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本BEAシステムズは11月2日、顧客企業、パートナ企業とのより密接なビジネスの実現に向け営業体制強化。2006年11月1日付けで新しい代表取締役に廣川裕司氏が就任したことを発表した。

 廣川氏は、1959年、神奈川県生れ。1981年に慶応義塾大学工学部卒業後、日立製作所に入社、日立データシステムズコーポレーションの設立や、同社企画部門役員、グローバルセールス副社長を歴任している。その後、2003年7月から2006年8月までサン・マイクロシステムズの執行役員としてデータセンタソリューション本部などを統括。2006年8月より日本BEAシステムズで専務執行役・営業部門統括本部長に就任していた。

 日本BEAシステムズは、新体制下で、Tuxedo、WebLogic、およびAquaLogic製品群のより一層の拡販を推進し、国内市場における顧客満足度向上を目指すという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR