マイクロフォーカス、COBOL開発環境の新版を発表--64ビットWindowsをフルサポート

CNET Japan Staff 2006年11月02日 21時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロフォーカスは11月1日、同社のWindows版COBOL開発環境「Micro Focus Net Express」の新版5.0Jの販売を12月1日から開始すると発表した。

 新版では、64ビットWindows環境をフルサポートし、.NET Framework 2.0、Visual Studio 2005に対応。巨大アプリケーションの開発・運用を可能にし、Visual Studio 2005による開発生産性向上のメリットを取り入れた。

 また、COBOL 2002規格の追加サポートや、IBM汎用機のLEルーチンの互換機能を新規搭載している。

 稼動環境は、Windows Server 2003、Windows XP、Windows 2000。Windows Vistaへの対応も予定している。

 税別価格は50万6000円より。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!