一足先に「Exchange Server 2007」を体験!--MSなどがプロモサイトを開設

ニューズフロント 2006年11月07日 19時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)、マイクロソフト、丸紅情報システムズの3社は10月7日、次期メッセージングサーバ「Microsoft Exchange Server 2007」の機能を体験できるプロモーションサイト「Try Exchange!」を開設した。同サイトにアクセスすると、サーバ環境を構築せずにExchange Server 2007のさまざまな作業環境を体験することができる。

 Exchange Server 2007は、マイクロソフトが2006年内に提供を開始する予定のメッセージングサーバ。各種クライアント機器向けアクセス環境を提供し、メールセキュリティやコンプライアンス機能の強化を図ったという。

 プロモーションサイトでは、Microsoft Officeの各アプリケーションやWindows Mobile対応機器からExchange Server 2007にアクセスし、実際の業務を模した操作が行える。たとえば、Outlookクライアントからの接続、スケジュール共有、会議開催依頼の確認、ファイル共有といったシナリオを体験できる。

 プロモーション用サイトのシステム構築/運用は、丸紅情報システムズが行う。サーバなどは、日本HPが提供している。

 3社は、同サイトを2007年6月30日まで運営し、2万人に体験してもらうことを目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR