アメリカと中国の差が拡大--ソフォスがスパム送信国ワースト12を発表

吉澤亨史 2006年11月08日 17時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフォスは11月7日、2006年第3四半期(7〜9月)のスパム最多送信国ワースト12に関するレポートを発表した。このレポートは、世界各地の脅威解析センター「SophosLabs」のリサーチャーが、期間内に受信した全スパムを分析した結果をまとめたもの。

 発表によると1位はアメリカ(21.6%)、2位は中国(13.4%)、3位は同率(6.3%)でフランスと韓国であった。アメリカと中国の差は、僅差であった前期よりも拡大している。これは、英語圏のPCユーザーをターゲットに短期間で300種類以上の亜種が出現した「Stratioワーム(別名:Warezov)」の蔓延が影響したものとしている。

 スパムの傾向としては、ユーザーとスパム対策ソフトの両方をだまそうとする新手法が登場しており、ポンプ&ダンプ詐欺(偽情報による株価操作詐欺)においてテキストではなく画像でメッセージを表示するスパムが目立ってきている。また、メールアドレスの収集方法においては、偽の調査機関に協力を求める形でチェーンメールを転送させたり、動画提供サイトのユーザー登録を装ってメールアドレスを入力させるものもあるという。

 5位以下の順位は、5位スペイン(5.8%)、6位ポーランド(4.8%)、7位ブラジル(4.7%)、8位イタリア(4.3%)、9位ドイツ(3.0%)、10位台湾(2.0%)、11位イスラエル(1.8%)、12位日本(1.7%)となっている。その他は24.3%であった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから