SAPジャパン、貿易管理ソフトウェア「SAP Global Trade Services」日本語最新版を提供

CNET Japan Staff 2006年11月08日 00時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAPジャパンは11月7日、貿易コンプライアンス管理を強化し、貿易管理業務の効率化を実現するソフトウェアの新版「SAP Global Trade Services 7.1(SAP グローバル・トレード・サービス)」日本語版の提供を開始した。

 SAP Global Trade Services 7.1は、日本版SOX法をはじめとする、さまざまなコンプライアンス課題を解決するソリューション群「SAP Solutions for GRC(ガバナンス、リスク、コンプライアンス)」を構成する要素のひとつ。2006年5月の発表以来、最初の機能拡張版となる。

 SAP GTSは、各種貿易管理データとその処理を統合し、得意先、仕入先、物流業者、税関などの取引関係者と連携することで、安全保障貿易管理、通関業務、保税在庫管理、信用状管理など、貿易管理業務の手作業によるコスト増や間違いを省き、作業効率を向上。また、輸出入プロセスのあらゆる段階で法令チェックを実施し、法令違反のリスクを最小限にする。

 SAPでは、mySAP ERPの貿易管理機能を拡張し、別コンポーネントとして、精度の高い法令遵守と貿易業務の効率化を両立するソリューションとしてSAP GTSを開発。2002年に初版がリリースされて以来、ハイテク、ライフサイエンス、化学など、世界18カ国、250社以上に導入されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!