三菱東京UFJ銀行、日立システムのリッチクライアント「Nexaweb」を採用

CNET Japan Staff 2006年11月08日 17時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立システムアンドサービスは11月7日、三菱東京UFJ銀行の企業向けウェブバンキングシステム「BizSTATION」の為替予約サービスでリッチクライアントソリューション「Nexaweb(ネクサウェブ)」が採用されたことを発表した。

 Nexawebは、基幹系ウェブアプリケーションシステムを効率よく構築するソリューション。

 同行では、操作性/ユーザーインタフェース/リアルタイムデータ配信機能、画面差分更新機能、JavaやXMLといった標準技術で開発・運用できる点を評価して同ソリューションを採用した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!