日本発の暗号方式「Camellia」をオープンソースコミュニティが採用

CNET Japan Staff 2006年11月09日 14時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTは11月8日、2000年に同社が三菱電機と共同開発した128ビットブロック暗号アルゴリズム「Camellia(カメリア)」が、国際的なオープンソースコミュニティである「OpenSSL Project」が開発するSSL/TLSプロトコル用暗号ツールキット「OpenSSL toolkit」に採用されたことを発表した。

 NTTは2006年4月13日に、Camelliaをオープンソース化し、オープンソースコミュニティに対してソースコードを提供していた。

 NTTは今後、LinuxやFreeBSDなどを扱うオープンソースコミュニティなどに対してもCamelliaの採用に向けた活動を継続する。また、Camelliaを搭載した製品・サービスの開発を社内でも積極的に進める。Camellia搭載製品の開発や事業化、導入などを希望する企業との連携も図る。

 NTTによれば、OpenSSL toolkitにCamelliaが採用されたことは、「米国政府標準暗号であるAESと同等の安全性と処理性能を有する世界唯一の暗号方式としてCamelliaの位置付けがより確かなものになった」としている。

 SSLは、Netscapeが開発した暗号通信プロトコルであり、ネットで送受信されるデータを暗号化し、安心して通信が行えるようにする仕組み。TLSは、SSL 3.0の次期バージョンとして名称変更を行ったうえでIETFにより標準化された。

 現在のIEやFirefoxなどのブラウザにはSSL/TLSが標準で搭載されているため、ECサイトやネットバンキングなどのサービスを利用する際、暗証番号やクレジットカード番号、個人情報などの送信のためにSSL/TLSを使うケースが一般的。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR