NEC、vPro テクノロジー搭載機種など法人用デスクトップPC「Mate」6モデル

WebBCN (BCN) 2006年11月10日 08時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは11月9日、ビジネス用デスクトップPC「Mateシリーズ」で、インテルの法人PC向けプラットフォーム「vPro テクノロジー」を搭載した機種など6モデル17機種を発売する。

 管理やセキュリティ機能を強化した「インテル vPro テクノロジー」搭載機種を新たに4モデル投入し、計6機種に拡大。また、CPUに「Core 2 Duo」を採用し、高い拡張性を備えた低価格スリムタワー型PC「タイプMB」を追加した。

 また「タイプME」「MB」「MH」「MF」「MM」では、セキュリティ機能の強化を図った。オプションで非接触IC「Felica(フェリカ)」対応ポートを選ぶことで、Edy(エディ)カードやEdy機能搭載の携帯電話を、OSのログイン時やInternet Explorerのブラウザ画面のID/パスワードの代わりに使用できる。複数のパスワードをセキュリティチップで暗号化して保存するソフト「NEC Authentication Agent」、パソコンの電源を入れてからOSが起動するまでの間に、ウイルス定義ファイルを更新する「Always アップデートエージェント」も付属する。

 全モデルとも、メモリやHDDなどのBTOに対応。税別価格は、CPUが「Core2 Duo E6600(2.40GHz)」で、HDD80GB、メモリ512MB、最大24倍速CD-ROMドライブなどを搭載したスリムタワー型「Mate タイプME」が19万円、CPUが「Core2 Duo E6300(1.86GHz)」、HDD80GB、メモリ512MB、最大40倍速CD-ROMドライブを搭載した新モデル「Mate タイプMB」で15万7000円など。

NEC=http://www.nec.co.jp/
「Mateシリーズ」=http://www.express.nec.co.jp/products/mate/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!