「リスクベース認証」とは?

相原敬雄(日本ベリサイン) 2006年11月10日 10時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット上で利用される認証技術は、大きく「アクティブ認証」と「パッシブ認証」とに分けられる。パッシブ認証の中でも、「リスクベース認証」と呼ばれるものは、システムがアクセスログなどからユーザーの行動パターンを分析し、本人確認の確度を高める技術として注目を浴びている。この「リスクベース認証」の概要と実際の利用シーンについて、日本ベリサイン、マーケティング部の相原敬雄氏が解説する。

再生時間:6分02秒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR