PFU、管理者の操作を記録・監査するシステムを発売--監査項目を自動的に抽出

CNET Japan Staff 2006年11月13日 17時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PFUは11月10日、システム運用管理者のサーバへのアクセスと操作を記録・監査ができる「PFU アクセス制御・監査システム」の販売を同日から開始すると発表した。

 新製品は、アクセス監査ソフトウェア「iNetSec Access Audit V1.0」とトップレイヤーネットワークス製ネットワーク認証機器「Secure Controller」を連携させたもの。稼働中のサーバに手を加えることなく導入できる。

 内部統制強化の課題のひとつとして、システム運用が適切に行われていることを証明しなければならないというものがある。そのため、システム運用管理をシステム管理者の、管理者権限でのサーバアクセスやシステム変更などの操作について、履歴や内容を記録して、監査することが必要となってくる。

 今回のPFUの新製品は、利用者認証によるネットワークレベルでの通信制御に加えて、サーバへのアクセス・操作記録による監査機能を提供することで、サーバ上で行われた操作記録に対して、重要度や危険度に基づいて、該当する監査項目を自動的に抽出することができるという。

 監査対象となるサーバはSolarisとLinux。税別価格は350万円から。12月に出荷する予定。今後3年間で200システムの販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?