Internet Explorer 7のセキュリティレベルに置いていかれないための基礎知識

文:Deb Shinder 翻訳校正:吉井美有 2006年11月14日 16時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftはInternet Explorer 7(IE 7)をよりセキュアなものとする取り組みに大きな力を注いできている。今回は、IE 7の新たなセキュリティ機能と、それらがどう役に立つのかを紹介したい。

#1:潜在的に危険性のあるActive Xコントロールは既定で無効化

 安全であると確認/検証できていないActive Xコントロールがデフォルトで起動されることはなくなり、Active Xのオプトイン機能によって自動的に無効化される。

#2:Active Xオプトインはゾーン単位で制御可能

 ゾーン単位でActive Xのオプトイン機能を無効化することができる。なお、Active Xのオプトイン機能は、セキュリティレベル向上のために「インターネット」ゾーンと「制限付きサイト」ゾーンではデフォルトで有効化され、「イントラネットサイト」ゾーンと「信頼済みサイト」ゾーンでは無効化されている。

#3:Active Xコントロールが適用されるサイト/ゾーンのロックダウン

 開発者は、Active Xコントロールが実行されるサイトを特定のサイトに限定(サイトのロックダウン)するか、特定のセキュリティゾーンに限定(ゾーンのロックダウン)することによって、Active Xコントロールをよりセキュアにすることができる。

#4:フィッシング対策

 IE 7にはフィッシングフィルタが導入されている。これは、ユーザーがだまされて個人情報やパスワードを入力し、個人情報盗難の被害に遭うことを防止するために役立つ。フィッシングフィルタは、あなたが閲覧するウェブサイトを、既知のフィッシングサイト一覧に照らし合わせて自動的にチェックし、フィッシングサイトであると判明すれば警告を発してくれる。なお、サイトチェックを自動的に行いたくない場合には、フィッシングサイトかもしれないと疑ったサイトを指定してチェックすることもできる。

#5:クロスドメインセキュリティ

 IE 7で新たに導入されたセキュリティメカニズムによって、クロスドメイン・スクリプティングと呼ばれる攻撃手法から防護できる。クロスドメイン・スクリプティングは、他のセキュリティドメインにリダイレクトさせ、攻撃前と同じ権限でスクリプトを強制実行する攻撃手法だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから