静岡銀行、NTTコムウェアのフィッシング対策製品「PHISHCUT」を採用

CNET Japan Staff 2006年11月14日 18時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコムウェアは11月13日、電子透かしを利用した同社のフィッシング対策システム「PHISHCUT(フィッシュカット)」を、静岡銀行が導入し、同日から同行ホームページでの利用を開始したことを発表した。銀行がPHISHCUTを採用したのは今回が初めて。

 PHISHCUTは、正規のウェブサイトかどうかを判断し、疑いのある場合は警告を出してフィッシング詐欺から顧客情報を守るソリューション。金融機関やインターネットバンキング、ショッピングサイトなどのウェブに電子透かしを埋め込み、利用者の専用ソフトと認証システムを連携させて認証する。

 認証システムと専用ソフトのダウンロードサイトはNTTコムウェアが提供するASP方式で短期間に導入でき、初期導入費用がかからない。専用ソフトが自動的に認証することから、利用者もソフトをインストールするだけで利用できるようになっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?