MS、スパイウェア対策ソフト「Windows Defender」日本語版を提供開始

吉澤亨史 2006年11月14日 21時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは11月13日、スパイウェア対策ソフト「Microsoft Windows Defender 日本語版」の無償提供を開始したと発表した。Windows Defenderサイトからダウンロードできる。

 Windows Defender 日本語版は、ウイルス対策ソフトと合わせて利用することで、迷惑ソフトウェアによるポップアップ表示やPCの処理能力の低下、セキュリティの脅威からPCを保護するソフトウェア。Windows XP SP2以降およびWindows Server 2003 SP1以降で動作し、Windows Vistaには標準で搭載される。

 定期的にPCのシステムをスキャンして、スパイウェアや迷惑ソフトウェアを検出することができ、ユーザーの判断によって削除を行える。また、必要なソフトを誤って削除してしまった場合には復元することもできる。

 スパイウェアや迷惑ソフトウェアを判断するための定義ファイルは自動的に更新され、常に最新のスパイウェアなどを検出できるようになっている。

 Windows Defenderサイトからダウンロードにより無償で入手でき、ダウンロード版にはWindows Defenderに関する問い合わせができる無料のサポートインシデントが2回分付属する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!