アドバンスト・メディアとダイトー、音声認識技術の事業展開で業務提携

ニューズフロント 2006年11月16日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドバンスト・メディアとダイトーエムイーは11月15日、音声認識技術の事業展開に関する業務提携契約を結んだ。

 アドバンスト・メディアは、音声認識技術「AmiVoice」をベースに、音声認識ソリューションやアプリケーションを開発/販売している。現在のところ医療など6分野で事業を展開しており、ダイトーエムイーとの提携で「各事業分野のさらなる成長深化と新規事業の開拓」(アドバンスト・メディア)を図る。

 業務提携により、ダイトーはアドバンスト・メディアの販売パートナーとなり、音声認識ソリューションなどの販売を行う。ダイトーは音声認識技術の提供を受け、自社製品に組み込んで提供していく。さらに、両社は音声認識ソリューションの共同開発にも取り組む。

 具体的には、ハードとの連動を意識した音声認識ソリューションの提供を始める。特に、ダイトーが得意とするアミューズメントやファクトリーオートメーション(FA)分野に対し、製品を展開するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?