ソリッドギア、読み出し専用miniSD/microSDカード提供へ--1枚200円台

ニューズフロント 2006年11月16日 12時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソリッドギアは11月15日、データ容量2Mバイトの読み出し専用miniSDカード「SG-LSDM-2MB」とmicroSDカード「SG-LSDMC-2MB」を発表した。データ書き込み料金を含め、1枚当たり200円台という低価格で量産可能なため、携帯電話向け広告/宣伝用メディアとして使えるという。SG-LSDM-2MBは11月末、SG-LSDMC-2MBは2007年1月に販売を開始する。

 両カードについて、ソリッドギアは「メモリとコントローラを同一チップ上に混載した独自のワンチップLSIと、低コストを追求した実装技術により、200円台という低価格での量産(最低受注ロット数は500枚)を実現した」と説明する。データ容量は2Mバイトで、約120秒のプロモーションビデオや100枚の静止画(QVGAサイズ)を記録できる。著作権管理技術CPRMには対応していない。

 ソリッドギアは、「データを受領してから最短48時間で出荷できるため、即時性の高い広告、宣伝コンテンツの掲載に最適」としている。カードを提供するだけでなく、掲載コンテンツの制作、携帯電話向けデータへの変換、配布用パッケージのデザイン、調達、梱包まで、関連するサービスを一括提供する。

 今後は、100円台への低価格化と大容量化を図る。ソリッドギアでは、2007年に年間500万枚の販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?