ファーストサーバ、Citrix Presentation ServerをASP型サービスで提供

CNET Japan Staff 2006年11月15日 22時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファーストサーバは11月14日、米Citrixの「Citrix Presentation Server」(旧MetaFrame)の環境を利用できるサービス「セキュアフレーム」の申込受付を12月5日から開始すると発表した。1月15日からサービスを開始する。

 セキュアフレームは、Citrix Presentation Serverに、ファイアウォールとサーバをセットにし、月額で利用できるASP型サービス。ファーストサーバとサービス利用企業の間にファイアウォールを設置し、SSL-VPNによって接続。データセンター上に設置した利用顧客専用のアプリケーションを、サーバ経由で安全に利用できるようになる。

 同社ではセキュアフレームの具体的な利用方法として、「サイボウズ Office 6」をセキュアな環境での利用を挙げて、以下のような価格例を示している(価格には、Citrix Presentation Serverのライセンスは含まれるが、サイボウズ Office 6のライセンスは含まれていない)。

  • 30ユーザーまで
    初期費用:73万5000円 月額費用:63万円
  • 60ユーザーまで
    初期費用:105万円 月額費用:84万円
  • 100ユーザーまで
    初期費用:136万5000円 月額費用:105万円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR