ドラゴン・ネットワークス、セキュリティソフト搭載のアプライアンスサーバー

WebBCN (BCN) 2006年11月17日 10時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドラゴン・ネットワークス(松田辰夫社長)は11月16日、ケイエルジェイテック(アドリアン・ヘンドリック社長)のアプライアンスサーバー「K-SHIELD小規模事業所向け」「K-SHIELD中規模事業所向け」「K-SHIELD大規模ネットワーク向け」を11月23日に発売すると発表した。

 「K-SHIELD」は、カスペルスキーラブス社のソフトウェアを搭載したセキュリティ対策アプライアンスサーバー。Linux OS上で動作し、各種設定をあらかじめセットした状態で出荷するため容易に導入できるのが特徴。

 また、パターンファイルの更新頻度が速く、ヒューリスティック検索にも対応しているため、新種のウイルスに対して高い検知性能を持つ。ウイルスだけでなく、トロイの木馬やスパイウェアにも対応する。

 さらにスパムフィルターは、カスペルスキーアンチスパムとベイジアン型スパムフィルタの二段構成を採用することで、日本語メールに対しても高い精度のフィルタリングができるようにした。

 価格は、K-SHIELD小規模事業所向けの「KS1010I」が49万1400円、中規模事業所向けの「KS400T」が102万6000円、大規模ネットワーク向けの「KS1000I」が252万円。

ドラゴン・ネットワークス=http://www.dragon-networks.com/
ケイエルジェイテック=http://www.kljtech.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR