NEC、ACOSシリーズ「i-PX9000 A200」を発売--Itanium 2を最大48個

ニューズフロント 2006年11月17日 14時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは11月16日、基幹業務向け大型サーバ「i-PX9000モデルA200」製品系列の販売を開始した。搭載可能なプロセッサの数を既存モデルの2倍に増やすなど、「拡張性を2倍に向上した」(NEC)という。標準レンタル料金は月額1230万円(税別)から。2007年3月20日に出荷を開始する。

 i-PX9000モデルA200は、プロセッサ数などの異なる16モデルを用意する。デュアルコアインテルItanium 2プロセッサ9000番台を2個から48個搭載できる。メモリとのデータ転送性能を2倍、入出力データ転送能力を2倍に強化するなど、NECは「システムトータルの性能も最大2倍に向上した」とする。

i-PX90000/A200 i-PX9000モデルA200

 「拡張記憶装置」と本体を接続するインターフェースには10Gbpsの光コネクトを採用し、従来比5倍の高速化を実現した。新機能として、処理負荷に応じてプロセッサのリソース割り当てを自動的に制御する「ワークロードマネージャ機能」を備えた。複数のサーバで無停止型クラスタシステムを構築したり、メモリを二重化したりすることで、高い信頼性/可用性を提供する。

 対応OSは、ACOS-4/VX、HP-UX 11i v2、Red Hat Enterprise Linux v4、Windows Sever 2003となる。

 NECでは、今後3年間でi-PX9000全体の販売台数を400台と見込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから