アバイア、統合型ユニファイドコミュニケーションとモビリティプラットフォームを発表

CNET Japan Staff 2006年11月18日 02時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Avayaは米国時間11月16日、場所やデバイスを問わずに社員がコミュニケーションするための「ユニファイド・コミュニケーション・イニシアティブ」を発表した。

 同イニシアティブの推進にあたり同社は、ユニファイドコミュニケーション製品群を発表した。米Traverse Networksの買収で得たエンタープライズモビリティソリューションと、この製品群により、イニシアティブを推進する。今回発表された製品群は以下の通り。

  • Unified Communications. Essential Edition:IPテレフォニーとメッセージング機能を提供
  • Unified Communications. Standard Edition:モビリティ・ソリューション
  • Unified Communications. Advanced Edition:音声、ビデオ、ホワイトボードを統合
  • Unified Communications. Professional Edition:ビデオコミュニケーションを可能にし、音声認識機能を搭載

 日本アバイアでは、これらの製品群を2007年の前半に発売を開始する予定だ。なお、Advanced EditionとProfessional Editionの日本国内での販売時期は未定としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR