IBM、中小企業向けのシングルサインオン製品を発表へ

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:吉武稔夫、福岡洋一 2006年11月20日 19時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間11月20日、シングルサインオン製品を中小企業向けにスケールダウンした「IBM Tivoli Federated Identity Manager Business Gateway(TFIMBG)」を発表する。同社はこのところ、販路を中小企業にまで広げようとする動きを見せている。

 TFIMBGは、2005年5月に発売した「IBM Tivoli Federated Identity Manager(TFIM)」の機能縮小版で、従業員5000人までの中小企業はこの製品を利用して、ハブとなる大企業に対してスポークのように接続し、シングルサインオンで安全に情報を共有することができる。

 「大企業は、規模の小さな取引先企業との連携を望んでいたが、そのためには取引先企業がTFIMのフルセットを購入する必要があった」と、IBMのTivoli部門でIDマネジメント担当ディレクターを務めるJoe Anthony氏は語った。

 TFIMBGは、データの規模で比べるとTFIMの約3分の1だ。11月24日に発売し、販売価格はサーバー1台当たり7万ドル。ユーザー数の制限はない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!