豆蔵とウイングアーク、内部統制向けソリューション開発・提供で協業

ニューズフロント 2006年11月24日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 豆蔵OSホールディングスとウイングアーク テクノロジーズは11月22日、豆蔵OSホールディングスの子会社である豆蔵とウイングアークが内部統制の強化を支援するコンサルティング/ソリューション製品の開発・提供で協業すると発表した。

 金融商品取引法(日本版SOX法)では、企業に対して内部統制システムの構築を求めている。豆蔵とウイングアークは、豆蔵の内部統制向けコンサルティングに関するノウハウと、ウイングアークの文書運用ツール群を一括提供することで、内部統制システムの迅速な立ち上げと効率的な運用を図るという。

 具体的には、入力フォームのシステム開発/運用、運用アクセスログの収集/分析ツール、帳票出力管理ツール、さまざまな導入支援サービスを提供していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!