サイバーテック、XML専用データベースで開発者向けに無償ライセンスを新設

CNET Japan Staff 2006年11月25日 02時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーテックは11月24日、同社のXML専用データベース「Cyber Luxeon(サイバー・ラクセオン)」の新版Ver 2.0の新ライセンス体系を発表した。

 今回発表された新ライセンス体系では、開発者向けに無償版の「Developer Edition」が提供される。また、1CPUあたり280万円の中規模企業・大企業の部門向け廉価版「Standard Edition」も提供。エンタープライズ向けの「Enterprise Edition」が1CPUあたり450万円となる(Solaris版は1CPUあたり550万円、価格はすべて税別)。

 Standard Editionには、高速日本語全文検索ターボサーチ機能、分散キャッシュ機構が付属しない。Developer Editionでは、それに加えて保守サービスが付属せず、格納できるXMLファイル容量に制限が加えられている。

 Cyber Luxeon Ver2.0 Windows版は12月25日に出荷される予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連記事

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!