インテンシア改め、ローソンソフトウェアジャパンが本格始動

CNET Japan Staff 2006年11月28日 15時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米ローソンソフトウェアは11月27日、日本市場への本格参入を発表した。

 米ローソンソフトウェアは2006年5月、スウェーデン企業のインテンシアインターナショナルとの合併手続きを完了。日本国内でも組織を再編し、事業活動を本格的に展開する。

 日本市場への展開には、旧インテンシアジャパンの資産を継承してあたり、「ローソンソフトウェアジャパン株式会社」として事業活動を本格的に開始する。インテンシアジャパンは、11月1日付でローソンソフトウェアジャパンに社名を変更している。

 ローソンソフトウェアジャパンは当初、サービス産業向けのエンタープライズアプリケーション「S3シリーズ」の日本化を推進する。また、2007年3月をめどに、S3シリーズ最初の製品としてビジネスインテリジェンス(BI)製品を日本市場に投入する計画だ。その後、人的資本管理(HCM)ソリューションをはじめとするS3シリーズ製品の日本版を提供したい考えという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!