すかいらーくグループ、外食デリバリーのCTIに「Biz/Browser」を採用

CNET Japan Staff 2006年11月29日 18時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アクシスソフトは11月28日、外食大手のすかいらーくのCTI(Computer Telephony Integration)システムに同社のリッチクライアント製品「Biz/Browser」が採用されたことを発表した。

 すかいらーくは、レストランの店舗展開を進めているが、平行して「ルームサービス」と言われるデリバリー業務を進めている。今回のBiz/Browser採用は、拡大するデリバリー業務とエリアを見据えた結果、CTIシステムの刷新にともない評価された。

 Biz/Browserは、CTIシステムの刷新に伴って採用された。全国の顧客からの電話注文を一括して受け、各店舗に指示を出すコールセンター業務のプラットフォームとしての中核を担うことになる。

 CTIシステムをウェブ化するメリットとして、コールセンター拠点を増設する場合でも、その都度サーバをセットアップする必要がない。ネットにつながる回線を引いてクライアントPCをサーバに接続するだけですむことから、拠点開設のスピードが増すと同時に、コストの削減が可能になる。

 アクシスソフトによれば、すかいらーくのようにさまざまなメニューに対応する機能と規模を持つ外食デリバリーのCTIシステムをウェブアプリケーションで実現したのは、今回が初めてという。

<
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから