図研、拠点間のWAN最適化用途に「Blue Coat SG」アプライアンスを採用

CNET Japan Staff 2006年11月29日 19時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブルーコートシステムズと図研ネットウエイブは11月28日、図研の拠点間のWAN最適化用途に、「Blue Coat SG」アプライアンス(MACH 5)を採用したことを発表した。

 図研では、自社の大容量CADデータを拠点間で効率よく転送することが急務だった。そこで同社のネットワーク基盤を担当する図研ネットウエイブでは、Blue Coat SGアプライアンスによるWAN高速化技術を提案した。

 今回、Blue Coat SGアプライアンスを採用したことで、図研の横浜・名古屋間のデータファイルの高速転送を実現した。評価テストでは、アプリケーションパフォーマンスで最大約30倍のスピードを実現、加えて帯域消費も減少したという結果になっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?