日本オラクルとべリングポイント、企業グループ向け内部統制ソリューションで協業

ニューズフロント 2006年12月03日 23時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルとべリングポイントは12月1日、グループ企業の内部統制/経営管理強化を図るソリューション製品「グループ経営・内部統制ソリューション」の販売を開始した。

 同ソリューションは、連結対象企業を持つ企業グループで、社員数2000人以上の企業を主な対象とする。まず、企業グループ全体における内部統制、経営管理、体制の状況を診断し、診断結果にもとづき、各グループ企業に合わせた経営分析用システムを構築する。

 具体的には、文書の管理や規制順守の監視を行う「Oracle Internal Control Manager(ICM)」とグループ会社データを収集・分析する「Oracle Financial Consolidation Hub(FCH)」を連携させたうえで、ベリングポイントの内部統制支援サービス「内部/IT 統制改革サービス」と経営状況の可視化支援サービス「統合的企業業績管理(Corporate Performance Management:CPM)コンサルティングサービス」を組み合わせる。

 同ソリューションで構築したシステムを利用すると、グループ企業全体の内部統制や業績評価の情報を可視化できる。各事業、地域、製品、顧客など、さまざまな視点による連結業績指標を導き出し、事業戦略に反映させることも可能という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから