NEC、NGN対応TDM/RPRハイブリッド多重化装置を発売--通信速度は40Gbps

ニューズフロント 2006年12月03日 19時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは12月1日、次世代ネットワーク(NGN)対応TDM(時分割多重)/RPR(リング型パケット転送)ハイブリッド多重化装置「SpectralWave UN5000」の国内販売を開始した。価格は1000万円からとする。

 SpectralWave UN5000は、TDMとパケット転送を混在させた状態で、通信速度40Gbpsのネットワークを構築できる。通信容量10GbpsのRPR機能と、光ネットワークルーティング機能GMPLSにより、信頼性の高いネットワーク構築が可能という。容量320Gbpsのクロスコネクト機能を搭載し、大規模トラフィックにも対応する。

 高密度実装技術を適用し、筐体の体積を従来製品の4分の1に小型化した。消費電力は、約半分に減らした。

 海外では2006年8月より販売しており、ロシアRostelecomとタイAdvanced Info Service(AIS)がSpectralWave UN5000ベースのシステム構築を進めている。

 NECは、今後3年間で、6000システムの販売を目指す。

UN5000 TDMとRPRのハイブリッド多重化装置SpectralWave UN5000
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから