ブルーコート、モバイルユーザーのアプリケーションを高速化させるソフトを発表

CNET Japan Staff 2006年12月05日 13時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブルーコートシステムズは12月1日、遠隔地にいるユーザーやモバイル環境のユーザーが使用するデバイスのアプリケーション高速化機能やセキュリティ機能を拡張する「Blue Coat SG Client」アーキテクチャを発表した。

 SG Clientは、クライアントベースのソフトウエアとして提供され、ブルーコートのアプライアンス製品群と統合できる。ポリシーベースのアプリケーション・セキュリティ機能と高速化機能により、たとえば支社や支店などで発生する業務上重要なアプリケーショントラフィックの高速化を図り、重要度の高いアプリケーション層を制御する機能を提供するという。

 2007年第1四半期に出荷を開始する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?