セキュアデザイン、指紋認証機能付きUSBメモリ2種

WebBCN(BCN) 2006年12月11日 12時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セキュアデザイン(高橋諭代表取締役社長)は12月7日、指紋認証付きUSBメモリ「Winny Lock(ウイニーロック)Ver 2.0」と「ITube(アイチューブ)」を販売代理店契約を締結したソフトバンクBBから、12月11日に発売すると発表した。

 「Winny Lock Ver 2.0」は、ファイル共有・交換ソフト「Winny」を検出するUSBメモリ「Winny Lock」の最新版。「Winny」「Share」「WinMX」「うたたね」などのファイル共有ソフトを検知し、停止させ除去する。「Antinny」のような偽造EXEファイルの実行を警告する機能も搭載した。

 マカフィー社のウィルススキャンとの連携することもできる。第三者のアクセスを防ぐ指紋認証機能をもつ。サイズは幅23×奥行89×高さ14mm。容量は256MBで、価格はオープン。実勢価格は2万円前後の見込み。登録指数は5指。

 一方「ITube」は、指紋がパスワードになる指紋認証機能を備えるUSBメモリ。保存したファイルは暗号化して保護するので、盗難・紛失の危険を回避でき、セキュリティが確保できる。サイズは幅23×奥行89×高さ14mm。価格はオープン。容量と実勢価格は、128MBが1万5600円、256MBが 1万7800円、512MBが1万8000円、1GBが1万9800円の見込み。登録指数は10指。

セキュアデザイン=http://www.securedesign.jp/
「Itube」
「Winny Lock」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!