「それ私物! 持込パソコン 要注意」日立システムがセキュリティかるた販売

奥山順子 2006年12月12日 11時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立システムアンドサービスは12月14日から、セキュリティを楽しみながら学ぶ「セキュリティかるた」を販売開始する。

 セキュリティかるたは「あ」から「ん」までの45文字で始まるセキュリティをテーマとした句とオリジナルイラストで構成。その中の「さ」行と「ま」行の句に関しては一般応募の中から選定したものを採用している。

 また、「読み札」と「取り札」に加え、それぞれの句に関する解説書を同梱、楽しみながら情報セキュリティに対する理解が深められるという。

 「あ」の読み札は「怪しいと 感じたメールは 開かない」となっており、「こ」の読み札は「巧妙に サイトに誘導 フィッシング」である。「そ」の読み札が「それ私物! 持込パソコン 要注意」だ。

 同社では2005年9月から、情報セキュリティに関するキーワード、事例、ニュースなどを分かりやすく解説した「情報セキュリティブログ」の中で「セキュリティかるた」を連載。これを情報セキュリティ大学院大学教授の板倉征男氏監修のもと、実際のかるたとして商品化した。

 価格は1800円。翔泳社SEshop.comで販売。なお、初回の限定2000個にはセキュリティステッカーが付いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR