大塚商会、MSの「Exchange Server」関連ソリューションの導入支援センター

WebBCN(BCN) 2006年12月13日 12時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大塚商会(大塚裕司社長)は12月12日、マイクロソフトの「Exchange Server」に関連したソリューションの導入支援を目的にしたセンター「Microsoft Exchangeソリューションセンター」を07年2月に開設すると発表した。

 センターでは、精通した専門スタッフが、「Exchange Server」を中心としたソリューションのデモンストレーションやコンサルティングを行う。デモンストレーションが可能なのは、「コンプライアンス支援パック」「情報漏えい対策パック」「モバイルアクセスパック」「サーバ監視パック」。

 そのほか、コンプライアンス(法令遵守)対策、セキュリティ対策などについて、具体的な方法を検討する企業などに提案するほか、システム管理者の業務効率化についてもコンサルティングも実施する。

 大塚商会では、マイクロソフトが発表した「Exchange Server」の日本市場における今後3年間の成長戦略を受け、「Exchange Server」を中心としたマイクロソフトの製品を使ったシステム構築について、利用企業の要望に応えるためにセンターを開設することにした。

大塚商会=http://www.otsuka-shokai.co.jp/
「Microsoft Exchangeソリューションセンター」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから