米ストラタス、最新のCPUを搭載しOSに「VOS」を採用した無停止サーバー

WebBCN(BCN) 2006年12月14日 11時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米ストラタステクノロジーは、「ftServer Vシリーズシステム」の新製品として、フォールト・トレラント専用OS「VOS」を搭載した3モデルを発表した。これにより、カスタマーサイトで稼働中の既存アプリケーションの投資保護と最新テクノロジーによるパフォーマンス、生産性の向上を実現すると表明した。

 ラインアップは「ftServer Vシリーズ 250/300/500システム」の3モデル。最新のストラタスの無停止サーバーをベースとし、OSに「VOS」を採用。また、デュアルコアのXeon (2.8GHz)を2WAYで採用したハイエンドモデルをはじめ、インテルの最新のCPUを搭載する。これまでのインテルプロセッサーベースのVシリーズに比べ、CPUは最大で60%、ディスクIOパフォーマンスでは最大で100%高速化。また、新Vシリーズファミリーはストラタスの他の機種と同様、 99.99%を上回る連続可用性を実現する。

 「ftServer Vシリーズ」は、ストラタスの「Continuum」シリーズや以前のVシリーズで実行中の既存のミッション・クリティカルなアプリケーションを、最新のオープンなプラットフォームに移行できる。フォールト・トレラントによるデータ処理に合わせて、冗長化処理部、冷却機構とホットスワップで交換可能な電源ユニットを持つストラタスの新ストレージ装置「ftScalableストレージ」をサポートする。

日本ストラタステクノロジー=http://www.stratus.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから