オープンソースのオフィススイート「OpenOffice.org 2.1」がリリース

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:吉武稔夫、小林理子 2006年12月15日 10時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 OpenOffice.orgは米国時間12月12日、オープンソースのオフィススイートの最新版「OpenOffice.org 2.1」を公開した。今回からLinux版に「Quickstarter」と呼ばれる機能が搭載された。これは、コンピュータの起動時にあらかじめOpenOfficeをメモリに読み込んでおき、OpenOfficeの起動時間を短縮する機能だ(このような手法では一般的に、コンピュータの起動に余計な時間がかかったり、コンピュータの稼働中にリソースを若干消費するといったデメリットが生じる)。

 OpenOffice.org 2.1ではさらに、ソフトウェアのアップデートをユーザーに知らせる通知システムにも改良が加わった。発表によれば、そのほかにも表計算ソフト「Calc」ではHTML形式のエクスポートを改良し、データベースソフトの「Base」では「Microsoft Office Access」との互換性を向上させたという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!