佐賀新聞社など3社、SNS連動型のウェブサイト構築ソフト提供で提携

CNET Japan Staff 2006年12月17日 21時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 佐賀新聞社、ミックスネットワーク、クリーク・アンド・リバー社の3社はこのほど、CMS/SNSパッケージソフト「ComPlas(コンプラス)」の提供で提携すると発表した。

 ComPlasは、ミックスネットワークが提供するCMS「SITEPUBLIS」がフロントエンドシステム、オープンソースのSNSパッケージ「OpenPNE」をバックエンドシステムに組み合わせたパッケージソフトウェア。佐賀新聞社の情報コミュニティサイト「ひびの」の構築にあたり開発されたシステムがベースとなっている。

 OpenPNEをバックエンドで動作させ、SITE PUBLISとデータ連携を行うことで、表示系のすべてをCMSで制御できるため、CMSでSNSコンテンツをデザインできる。

 3社で構成する共同事業体として販売活動を展開する。

 価格は684万円から。2007年度に1億2000万円の売り上げを目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR